イイダ傘店15周年記念展覧会【翳 す】

2020年9月8日〜13日に青山のスパイラルで開催された同展を拝見しました。お客様のために1本ずつ作られるオーダーメイドが人気の「イイダ傘店」の15年の節目となる展覧会です。傘に貼られるファブリックをはじめ、握る場所である「手元」、骨の先端である「露先」などあらゆるパーツがこだわり抜いたオリジナルメイドであるのが特徴です。

国内の各産地で作られるオリジナルファブリックはプリント、刺繍、ほぐし、ジャカードなど様々な素材だが、パターンデザインは一貫して主宰の飯田純久氏自ら、丹念にスケッチから起こしているそうです。その内容も得意とする繊細な草花のモチーフから「おでん」などユーモラスなものまで多彩で個性的。熱烈なファンで会場に設けられた受注コーナーが賑わうのも頷けます。

会場入り口にはスーパーなどで見かける「傘袋」を模した案内パンフが置かれ15年にわたって作られた傘たちが吹き抜け空間で軽やかに螺旋を描いていました。そして創作の背景となるスケッチや生地サンプルの展示や制作現場の再現など、すべてが誠に興味深い展示内容でした。

イイダ傘展ホームページ: http://iida-kasaten.jp

この記事は9月中旬にアップされたものですが、ブログの不具合により一度消失しましたので再度アップさせて頂きました。(記:怡田)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です