日本テキスタイルデザイン協会
ホームプライバシーポリシーサイトマップ
 
About | Event & Topics | Who's Who | Links | Contact

「テキスタイルネット展2013-14 秋冬」開催のお知らせ

“日本の素材と技術を発見!”
生地・副資材約30 社の合同展「テキスタイルネット展2013-14 秋冬」
4 月3 日~4 日 原宿にて開催

株式会社アパレルウェブは、4 月3 日~4 日の2 日間、
原宿・ラフォーレミュージアムにて、当社運営の生地・副資材の商取引サイト
「テキスタイルネット」の出展企業を中心とした
繊維関連企業約30 社の合同展示会
「テキスタイルネット展 2013-14 秋冬」を開催いたします。
今回は、「日本の素材と技術を発見!」をテーマとし、
テキスタイルネット出展企業を中心に、生地、副資材、繊維関連企業が、
2013 年秋冬シーズンに向けた素材・商品を展示いたします。

■日時 2013 年4 月3 日(水)~4 日(木)
   10 時~20 時 ※4 日は17 時半まで
■場所 ラフォーレ原宿6F(ラフォーレミュージアム)
   東京都渋谷区神宮前1-11-6
■入場 無料 ※来場申込み不要、無料セミナー参加は要申込み
■出展企業(順不同) 計28 社
 ダックテキスタイル株式会社、宇仁繊維株式会社、株式会社ヤギ、
 同興商事株式会社、株式会社シャルト、オガワテキスタイル株式会社、
 三政テキスタイル株式会社、蝶理株式会社、コスモテキスタイル株式会社、
 中商事株式会社、株式会社エルトップ、伊吹株式会社、
 ミヤジンテキスタイル株式会社、大津毛織株式会社、株式会社コッカ
 株式会社エイテックスシェア、泉工業株式会社、大城戸織布、
 株式会社島精機製作所、株式会社デジナ、株式会社山忠紙芸、
 株式会社石山染交、COOP SAORI、株式会社ブレイン、
 株式会社ラクーン、大洋交易株式会社、株式会社SHINDO、
 ナクシス株式会社


前回展示会場の様子


インクジェットプリンター実演


トレンドセミナーの様子

■セミナー開催スケジュール(無料、ホームページから要予約)
4 月3 日(水)
11:00~12:00 ロジカルに読み解くカラートレンド
       DIC カラーデザイン株式会社
       カラーディレクター 菊地有沙氏
13:30~14:30 2013年のファッションに影響を与える
       マーケット動向と消費者心理
       株式会社プレール 代表取締役 栗山志明氏
14:40~15:40 世界のランジェリー最新トレンド
       フリージャーナリスト 武田尚子氏
16:00~17:00 2013-14 秋冬 クリエイティブ・マクロ・トレンド解説
       WGSN アカウント・マネジャー & WGSN インサイト・
       プレゼンター 浅沼小優氏
17:30~18:30 基調講演:「脱等身大」で一変するマーケットと商品企画
       小島ファッションマーケティング代表 小島健輔氏

4 月4 日(木)
11:00~12:00 ファッション対談 トレンドを読み解く
       2013-14 秋冬ファッションビジネスコンサルタント 山中健氏
       ファッションジャーナリスト 宮田理江氏
13:30~14:30 local hero モノづくり産地が次のトレンドを牽引する
       Edelkoort East 株式会社 取締役 家安香氏
14:40~15:40 東北コットン・プレオーガニックコットン
        原料から製品で考えるモノづくり
       株式会社アーバンリサーチ
       クリエイティブディレクター 新山浩児氏
       株式会社クルック 江良慶介氏
16:00~17:00 ファッションは更新できるのか?会議
       スピンオフトーク
       「ニッティングマシーン・ハックとグリッチニット実験公開」
       ヌケメ氏、菅野創氏、よしだともふみ氏、
       山本詠美氏 【企画】ファッションは更新できるのか?
       会議実行委員会

■展示会詳細・セミナー申し込みページ
http://www.textile-net.jp/ten/2013-14aw.html
<テキスタイルネットについて> http://www.textile-net.jp

興味のある方は是非ご来場ください。
                       TDA事務局

カテゴリー: お知らせ — admin 2:09 PM  コメント (0)

注染工場見学会

遅くなりましたが記事をアップさせて頂きます。

● 日時:2012年11月16日(金)
● 場所:株式会社 武田晒工場
    :株式会社 協和染晒工場
    :毛穴(けな)会館
大阪府織物染色共同組合様とのコラボ企画で、
今回の注染工場見学が実現した。
事業企画部(西)が来年度に計画しているデザイン塾
(来期デザイン研究会に改称予定あり)に向け、
ぷれデザイン塾をスタートさせた。
繊維産地のもの作りの現場を見学し勉強しつつ発表していこうというもので、
若い世代にも参加してもらえる企画にしていきます。
今回の見学会参加者は15名で会員11名非会員4名、
JR阪和線津久野駅に集合ののち路線バスにて堺市毛穴町に移動。

まず1件目の見学先は、和さらし300年、
武田晒100年の歴史がある株式会社武田晒工場です。
綿織物の小巾と広巾とロールタオルの精錬、晒加工が主な事業です。
和晒した生地の大きな特徴は風合いが柔らかく、
生地にテンションをかけない加工方法なので洗濯しても縮みが少ない。
広巾の生地に関して言えば寝装品などに適している。
綿花を紡績し、サイジング工場でタテ糸に糊付けをし、
織布工場で織り上げた布がこの工場に運ばれてくる。
一番の驚きは畳んだままの状態で和晒の工程が行われることである。
釜に入れ、糊抜きし、不純物を除去する精錬を行い、
漂白して生地を白く晒し上げる。この工程にまる2日かかる。
そしてシリンダー乾燥または、熱風乾燥で10時間かけて乾燥する。
テンションをかけずに晒加工と乾燥の工程を終えた生地は、
糸の断面は丸くて風合いが柔らかい。
日本手拭いや浴衣、安産祈願腹帯などになって私たち消費者に届けられる。
ここで安産祈願腹帯のトレンドを一つ紹介します。
近年のエコブームを背景に以前は蛍光白であった腹帯が、
糊抜きした後に漂白や蛍光染めをしない生成りに変化してきたとのこと。
消費者の意識の変化がここにも現れているようです。
武田晒工場独自の加工法にECO晒がある。
従来と比べ少しの化学薬品、少しの水、少しのエネルギーで精錬、
糊抜きをする。時代の変化やニーズに合わせて
このような研究開発もされている。

次に歩きで株式会社協和染晒工場に移動。
工場のすぐ表には乾燥のため多くの浴衣と手拭いが
6mぐらい上から吊り下げられていて、
華やかな空気のある光景に目に留まる。
小松社長を始めとする「なにわの名工」
「現代の名工」がおられる注染の工場を見学する。
注染の工程は、検反と丸巻きにする地巻きが終わると糊置きの工程に入る。
防染糊はベントナイトという粘度と海藻その他を混ぜたもので、
気温や湿度によってその配合を調整して糊を最適の硬さにする。
型紙を張った木枠を生地の上にかぶせて、
木ベラで防染糊を置き一柄ごとに生地を折り畳む。
糊置きの体験をした人もいたのだが、
木ベラに糊をつけ厚みを揃えてこすりつけるのは、
技術も力もいる作業である。
次に注染台では注ぎ込んだ染料が流れ出ないように糊で土手を作る。
土手の中それぞれに染料を注ぎ込むので、土手ごとに色を替えたり、
また土手の中で2色3色とぼかしを入れることができる。
このぼかしは工場それぞれの技法があり
名工と呼ばれる職人さんの特殊技能です。
注ぎ込んだ染料は下から真空ポンプで吸い取り、
色止め液を注いで同じく吸い取る。
折り畳んで60枚ほどに重ねられた生地に、
染料や色止め液を真空プンプで一気に下に落としていくのである。
そして裏面から同じ作業を繰り返し、表裏2回染める。
染料は反応染料、スレン染料、硫化染料、
ナフトール染料の4種を目的によって使い分けている。
水洗機にかけ余分な糊や染料を洗い落とす。
脱水後の乾燥の様子は工場の表で見た光景で、
乾燥台の「ダテ」に一疋(二反)ずつ吊るして、天日干しする。
伝統産業に欠かせないものとして専用の道具が必要です。
染料を注ぎ込む時に使うじょうろ型の土瓶は、
作り手がいなくなって困っているとのこと。
以前はトユ職人が作っていたそうです。

2社の工場見学を終え毛穴会館に場所を移して、
大阪府織物染色共同組合の福田事務局長様、
株式会社武田晒工場の武田社長様、
株式会社協和染晒工場の小松社長様に出席頂き、
詳しいお話や質疑応答、個人オーダーについてなど
お伺いし理解を深めることができた。
大阪「堺」で「一心」に「染」の伝統を守り続ける職人たちと
産地を表す「堺一心染」(さかいいっしんぞめ)ブランドのもと、
手ぬぐい、ガーゼマフラー、傘を組合で販売されていて、
年に一回ぐらい百貨店での販売もされている。
手ぬぐいから作った傘は放射状の柄に変化して素敵に仕上がっている。

日本の伝統産業である注染の現場を見学勉強し、
背景にあるものや成り立ち、流通や販売環境を理解し、
今に生きるデザインを創りだし、新しい発信をすることこそ
伝統産業がこれからも生き続けることになります。
ぷれデザイン塾は、この続きとして
12月21日(金)に注染研究会と交流会を行い、
見学のみで終わることなく次のステップ
(生産、販売について)を考える機会を持ちました。
                          記 神沢

 
注染研究会&交流会
                     
● 日時:2012年12月21日(金)
● 場所:アルファデジタルボックス(矢澤事務所)
先日の工場見学に参加したメンバーと、
行けなかったが興味があるので是非話を聞いてみたいという
メンバー17名が参加し、研究会にて注染についての知識を更に深めた。
当日は、大阪府織物染色組合様から3名の方がお越し下さり、
注染に使われている素材(ぶん、おか、特おかなど)を
手にとって感じることも出来た。
また、実際に作成する場合のコストやリードタイム、
ロットを伺い、デザインをおこす際の注意事項や特性を
サンプルを見ながら、研究をした。
参加者の中から、オリジナルで是非作成してみたいという声が多数聞かれた。
その後、組合の方々とも懇親し、今後一緒に何か取り組む機会を
作ろうということで、思いが重なった素晴らしい時間でした。
                           記 矢澤

カテゴリー: TDAレポート — admin 1:36 PM  コメント (0)

アートフェア東京2013

日時  2013年3月21日〜24日
場所  東京インターナショナルフォーラムエキシビジョンホール

 今年で8回目となるアートフェア東京2013が開催された。
アートフェア東京は、古美術、工芸、日本画、洋画、
現代美術といった幅広いアートに触れることができる、
年に一度の機会として認知されている。
今年は140軒以上の国内外のギャラリーなどが出店している。
普段なかなかアートに触れられない人には、とてもいい機会になる。
今回は清時代の刺繍などの展示はあったが、
現代アートテキスタイルは見られなかった。       記:豊方

カテゴリー: 展覧会・展示会 — admin 4:31 PM  コメント (0)

フランシス ベーコン展

日時 2013年3月8日〜5月26日(日)
場所 東京国立近代美術館

 見る人の、いつもは閉じている「感情のバブル」を開ける絵といわれ
現在ではピカソより高額な値段がつけられているフランシスベーコン、
点数は30点だが、その迫力に圧倒され、見ごたえ十分で、
様々な人達に影響を与えて続けていることに納得がいく。
振付家のダンスの映像が上映されていたが、
そのダンスは印象深いものだった。
 5月26日(日)まで、今なら皇居の桜もきれいです。   記:豊方

カテゴリー: 展覧会・展示会 — admin 10:36 AM  コメント (0)

RoomsLINK TOKYO


銀座もとじ


Modern of Batik


diddlediddle


piu oro

日時   3月19日(火)〜22日(金)
場所   ベルサール渋谷ガーデン

アジアにグローバルコレクションを形成する目的で
2010年からスタートした、ルームスリンクが開催された。
ランウェイショーと合同展示会を主軸にした、
イベントで、今年は、ソウルや台北でも開催する。   記:豊方

カテゴリー: 展覧会・展示会 — admin 10:32 AM  コメント (0)

会津逍遙ー風土をめぐる

 東京造形大学より学外講演会のお知らせです。

第1回講演 会津の美しさとは何かー建築・風景・人ー

日時:2013年3月20日(水・祝)14:00~16:30
会場:会津稽古堂 多目的ホール
   〒955-0871 福島県会津市若松市栄町3番50号
講師:松崎照明(東京造形大学講師)
主催:東京造形大学
共催:会津さざえ堂を愛する会
後援:会津若松市教育委員会
連絡先:目黒様方 0242-28-4245
入場無料

詳しくは東京造形大学のホームページをご覧ください。

興味のある方は是非ご参加下さい。

カテゴリー: お知らせ — admin 5:00 PM  コメント (0)

インテリア四大展示会に見るテキスタイルセミナー

平成25年3月8日(金)新宿パークタワー内、
リビングデザインセンターOZONE、セミナールームにて
「ハイムテキスタイル」「メゾンエオブジェ」
「ドモテックス」「ケルン国際家具展」
の最新情報の中から、特にテキスタイルにポイントを
置いたセミナーが開催された。
講師は大場麻美、今野文雄。
今回はカサマンスさんのご協力で、実物の布を見たり、
触れたりしながらセミナーが進行し受講者の好評を得た。
                      記:豊方

カテゴリー: TDAセミナー — admin 10:54 AM  コメント (0)

OZONEセミナーのご案内

インテリア四大展示会に見るテキスタイル

講  師 : 今野文雄 大場麻美
開催日時 : 2013年3月8日(金) 15:00~17:00
会  場 : OZONEセミナールームA( 定員:60人)
参 加 費 : 5.000円
主  催 : 一般社団法人日本テキスタイルデザイン協会
協  力 : リビング・デザイセンターOZONE

最新テキスタイルが発表される展示会「ハイムテキスタイル」
「 メゾン・エ・オブジェ」「 ドモテックス」「ケルン国際家具展」の
最新情報の中から、今回T D A (日本テキスタイルデザイン協会)では、
特にテキスタイルにポイントを置き、
過去からの流れを含めて今年の特徴を報告いたします。

お申込みは下記のOZONEのホームページから
またお申込書に必要事項をご記入の上
03-5332-6635へFAXして下さい。
<申込書>

カテゴリー: お知らせ — admin 3:27 PM  コメント (0)
2013年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031