日本テキスタイルデザイン協会
ホームプライバシーポリシーサイトマップ
 
About | Event & Topics | Who's Who | Links | Contact

新井淳一の布 伝統と創生

日時  2013年 1月12日(土)〜3月24日(日)
場所  東京オペラシティアートギャラリー

 現在開催されている、新井淳一 伝統と創生に行ってきました。
この展覧会のために制作された新作を含め、約60点が展示されている。
初めに入室した暗室にまず驚かされる。
ずらりと並べられた、ゆがめられたテーブルの上の布に光をあて、
光と布のコラボレーションは圧巻。
その他、様々な工夫がされている展示は、
是非行って体験されることをお進めしたい。
東京オペラシティアートギャラリーの
ホームページでも内容が確認できるので見て下さい。
                             記:豊方

カテゴリー: 展覧会・展示会 — admin 10:20 AM  コメント (0)

原玲子展 風・光・音のかたち

 会員の原玲子氏の個展が青山のギャラリー
DOKA Contemporary Artsで1月18日より開催された。
スクリーン、手染め、きもの、などテキスタイルの多岐の表現作品が並ぶ。
開催は26日迄。                     記:豊方

カテゴリー: お知らせ — admin 10:31 AM  コメント (0)

JFWインターナショナルファッションフェア

日時  2013年1月23日〜25日
場所  東京ビックサイト 西展示場
主催  繊研新聞社

日本最大ファッションの展示会が東京ビックサイトで開催された。
出展者数約650社
今回は新たに「ZAKKA MODO」アトリウムに
文具や食、ライフスタイル雑貨コーナーと「そとあそび」
アウトドアアクティビティのカジュアルゾーンが設けられている。
またハワイ州産業経済開発観光局がオーガナイズした10社の出展もあった。
                              記:豊方

カテゴリー: 展覧会・展示会 — admin 10:27 AM  コメント (0)

トレンドセミナー

 会員の皆様には、すでに、封書で送っていますセミナーのご案内、
みていただけましたか?TDAのセミナーの中では一番人気、
しかもほとんどの参加者が一般のしかも日本を代表する
インテリア関連の方々です。
中には実際に行ったけど、会場が広くポイントがつかめないので、
参考にしたくて来ました、という方もいます。
会員の方も含め、まだ参加した事が無い方、これを機会に、
ぜひ参加してみて下さい。
お申し込みはホームページから御願いします。         記:豊方

カテゴリー: お知らせ — admin 1:12 PM  コメント (0)

2013年

あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。
広報

カテゴリー: 未分類 — admin 1:09 PM  コメント (0)

高野口パイル織物工場見学 レポート

2012.12.18.(Thu)パイル織物工場見学会が行われました。
高野口は世界遺産・高野山の麓に位置する古くからの織物産地です。
今回は青野パイル(株)、妙中パイル織物(株)の2社にご協力頂きました。

午前中に行った、青野パイル(株)はシール織物、
シールフライス、シンカーベロアを生産しており、
糸から織り、シャーリング、最終の検反梱包まで行っています。
工場ではシンカーフライス、シンカーベロアの機械を詳しく、
社長自ら丁寧に説明して頂きました。
丸編み機は20ゲージから他社ではあまりない36ゲージまで対応しています。
そしてシャーリング機では、素材ごとに機械を分けるというこだわりでした。
コスト的には大変ですが、素材にやさしく仕上がりよくなるそうです。
シャーリングは簡単にいえば大きい髭剃りの原理です。
最後に、たくさんの素晴らしい製品見本を各自、
自由に見て触って質問して、と盛り上がり終了となりました。
午後からの妙中パイル織物(株)はパイル織物を生産、
織りから染色、最終検反梱包まで自社内で行っています。
現在は衣料、インテリアの他に産業資材に力を入れています。
産業資材の液晶パネルのラビングクロスはとてもクリーン度の
高い商品で工場内も徹底した生産体制を取っています。
今で数少ない紋紙での織機では最初から糸たてをすれば
1週間ほどかかるという大変なものでした。
4000本の糸を立てた機械を見ていると、
職人さんのご苦労と技術に頭が下がりました。
化粧パフ用の生地は妙中さんだけという
140cm幅の機械で織られており、ホコリ、静電気の少ない生地に仕上がり、
その生地は本当にずっと触っていたい気持ちの良い肌触りです。
染色も生地の風合いが良くなるこだわりの自然干しで、
すごい高さのところに染色後の生地をかけていく大変な作業です。
その後、ショールームに戻り色々素晴らしい生地を見せて頂き、
必要な人には生地見本を分けて下さる細かい対応までして頂きました。
妙中社長は現在、組合長もしておられ、人材育成、
生地開発、販路開拓、各展示会への出展等、
今後の発展にむけて活動されています。
各社、素材、生地、商品へのこだわりや熱い思いをもって
作られているのだとしみじみ感じました。
機械を熟知した職人さんの技術、素材、パイルの長さ、
柄デザイン、後加工の組み合わせでたくさんの
素晴らしい生地が出来上がるのだと思います。
青野パイル(株)、妙中パイル織物(株)2社には
貴重なお時間を割いて大変丁寧に対応して頂き、
感謝しております。ありがとうございました。

                          (今井 要 記)

カテゴリー: TDAレポート — admin 1:07 PM  コメント (0)
2013年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031